シグナル配信0331 年度末の特殊需給とポジション

ブログランキング

Z君 日経平均は陰線だったのにドル円は堅調ですね

usdjpy

J氏 いつからか、連動性がなくなったが今日は逆の動きだな

Z君 ドル円が強くて、日経平均が弱いのは珍しいですね

J氏 国内勢が株を売ったということだろう

Z君 なるほど!!!
   
J氏 年度末ということもあるし、ポジションを落としたんだろう

Z君 うーん、だとしたら、どう動けばよいのでしょう?

J氏 通常、4月頭は金融機関が株のポジションを落としやすいと言われているな

Z君 へぇ~

J氏 そのとき、ドル円がどうなるか??

Z君 どうなるんですか?

J氏 金融機関が保有している国内株の場合は、株を売ってそれで終わりだ。
   
Z君 はい

J氏 でも、金融機関が保有している外債の場合はどうなる??

Z君 あれ?どういうことですか?

J氏 金融機関が保有している外債が売却されれば・・・

Z君 されれば??

J氏 ※※※※※となるだろう?

Z君 重要部分は伏字ですか??

J氏 ※※※※※についてはブログランキングにズバッと掲載しておこう

Z君 ブログランキングしっかりチェックしておきます

J氏 今後は円高要因と円安要因が絡みあうからな、難しい相場となりそうだ

Z君 なるほど!今こそ「FX常勝軍団」ですね!!

fx02

J氏 まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してみてくれ!!

※部分はブログランキングで限定公開


0327<Signal-DAY>
USDJPY119.20ショート–119.30決済
10pips

Total 15pips

追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

FX常勝軍団

※助言者おすすめ!JFX口座開設はこちらから


シグナル配信0330 夕刻のドル円急騰と今後の動き

ブログランキング

Z君 米株価指数先物が、時間外で120ドル高になってますよ!

J氏 米10年債利回りも時間外取引で上昇しているな

Z君 ドル円も急騰しています!
   何が起こっているんでしょうか?

J氏 その点に関しては、既に「会員フォーラム」で説明済みだ

^7E2CB5291F8D31E65638E5B2C352BD57DE991BABBD370676F1^pimgpsh_fullsize_distr

Z君 なるほど!!!
   なんだか簡単な理由ですね

J氏 真実はいつも単純なものじゃないかな?

Z君 うーん、だとしたら、どう動けばよいのでしょう?

J氏 このチャートが大きな意味を持つだろう

無題

Z君 ユーロドルですか?

J氏 叩き落されながら再チャレンジで雲を抜けてきたユーロドルが
   あえなくまた雲の下に沈むか?

Z君 ギリギリのところですね

J氏 ドルが強くて、それ以上にユーロが買われる時
   ドル円も再度上値を狙うことが出来るということだ

Z君 ユーロドルにも頑張って貰わないといけないということですね

J氏 そういうことだ
   前回分の※※※※※が上方修正されたことはプラスだ

Z君 重要部分は伏字ですか??

J氏 ※※※※※についてはブログランキングにズバッと掲載しておこう

Z君 ブログランキングしっかりチェックしておきます

J氏 まだまだボラティリティの大きな相場が続く

Z君 なるほど!今こそ「FX常勝軍団」ですね!!

fx02

J氏 まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してみてくれ!!

※部分はブログランキングで限定公開


0327<Signal-DAY>
USDJPY119.30ショート–119.20決済
15pips

Total 15pips

追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

FX常勝軍団

※助言者おすすめ!JFX口座開設はこちらから


シグナル配信0327 会員フォーラム一部公開!


ブログランキング

FX常勝軍団有料サービスは、売買シグナルだけじゃない!凄腕トレーダーの分析・情報も提供します。

有料サービスをご利用中の方だけが見られる会員フォーラム3/9~3/13掲載分を特別公開!!!
プロはあの相場の時、どんな情報をどう分析していたのか…ぜひご覧ください。

FX常勝軍団


会員フォーラム


03/13 12:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 121.21 - 121.41
EU 1.05885 – 1.0645
ダウ +259.83(米株全面プラス引け)
原油ドル 47ドル台(下落)

■材料=======================
欧州
独CPI(前月比・前年比) 予想通り
鉱工業生産(前月比)×(結果:-0.1% 予想:+0.2%)
鉱工業生産(前年比)〇(結果:+1.2% 予想:+0.1%)
独長期債:反落(利回り上昇)
英長期債:反発(利回り低下)
——————————————-
イギリス
貿易収支 〇 (結果:-84.12億ポンド 予想:-96.50億ポンド )
——————————————-
アメリカ
新規失業保険申請件数 〇 (結果:+28.9万件 予想:+30.5万件)
失業保険継続受給者数 × (結果:241.8万人 予想:+240.0万人)
小売売上高      × (結果:-0.6% 予想:+0.3%)
小売売上高(除自動車)× (結果:-0.1% 予想:+0.5%)
小売売上高(除自動車・ガソリン) ×(結果:-0.2% 予想:+0.3%)

輸入物価指数 (前月比) (結果:+0.4% 予想:+0.2%)
輸入物価指数 (前年比) (結果:-9.4% 予想:-8.9%)

財政収支 △ (結果:-1923億ドル 予想:-1910億ドル )
企業在庫 – (結果:±0.0% 予想:+0.1% )

■米国市場=====================
失業関係、前回数値を下方修正
☆米小売売上高、3ヵ月連続で減少
・ガソリン安による余剰金の消費期待があったが、貯蓄や債務返済などに回っている可能性
・米東部での大雪も影響
——————————————-
インテルが第1四半期の利益警告
売上高見通しを引き下げ
デスクトップパソコンの不振
PCサプライチェインの在庫水準が予想より低い
——————————————-
来週のFOMCに向けドル高基調のなかで、調整以外のドル売りは入りにくい

■欧州市場=====================
クーレECB専務理事 9日から開始したQEについて
3日間で98億ユーロ相当の資産を買い入れた
購入した債券は、満期までの残存期間が平均で9年
債券買い入れにおいては何ら問題に直面していないと強調
3月は月額600億ユーロの購入目標を達成できるとの認識。
「QEは機能しており、今後も機能するはずだ」
「金融政策の方向の相違によりドル高は避けられない」
「ECBは一日あたり約30億ユーロの資産購入を継続する」
「深刻な危機により、ユーロ圏の成長が損なわれた」
——————————————-
バイトマン独連銀総裁
独連銀はこれまでにドイツ国債21億ユーロ相当を購入
ノボトニー・オーストラリア中銀総裁
長期に渡る低金利は構造的なマイナス作用を起こす可能性も
——————————————-
カーニー英中銀総裁
低インフレは経済成長には良いニュース
英国への避難流入はポンドを押し上げる
強いポンドはしばらくの間英国物価に重し
低い世界的なインフレ率はしばらくの間英国物価に重し
下方リスクが具現化すれば英中銀は政策がある

■ギリシャ=====================
☆ECBはギリシャ銀行の緊急流動性支援を約6億ユーロ拡大–銀行筋

チプラス・ギリシャ首相
「IMFはギリシャに対して緊縮財政を課してきた」
ギリシャの改革によって、ギリシャは普通のEU加盟国となる
ギリシャは十分に緊縮してきた
改革は公正さの回復が中心となる
ユーログループの決定の実行はギリシャを安定化させる
2月20日の合意について、実行を誓う

ライスIMF報道官
「ギリシャについて、ユーロからの離脱は想定していない」
「米ドルの動きはファンダメンタルズに沿ったもの」

■アジア市場=====================
「預金保険機構、銀行などの金融機関が破綻時に備えて支払う預金保険料の料率を2015年度から0.042%へ大幅引き下げ(現行0.084%) – 関係筋」

日本株17日からIPOラッシュ。
——————————————-
周小川 中国人民銀行総裁
「銀行預金金利の上限を今年撤廃する可能性」
中国人民銀 金利自由化推進へ
豪ドルも買いもどされる基調
——————————————-
QEと株価上昇
米QE1:S&Pが56%上昇
米QE2:S&Pが30%上昇
約1年かけての上昇
欧QEでドイツやイタリアはすでに20%上昇

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
13日 東京時間にUSD買シグナル
「FRBの利上げ1ヶ月前までは円安・ドル高が進む」というアノマリー

123.00円 OPバリア観測
122.50円 OPバリア観測
121.00円 OP13日NYカット
——————————————-
☆EURUSD
1.0400ドル OPバリア観測
——————————————-
3/9-3-13レンジ
USDJPY
レンジ:  119.50 – 121.80
コアレンジ:120.00 – 121.30
EURUSD
レンジ:  1.0650 – 10970
コアレンジ:1.0800 – 1.0900
——————————————-
ピボット
USDJPY
前日終値 121.272
前日高値 121.669
前日安値 120.664
HBOP   122.745
売り2  122.207
売り1  121.740
ピボット 121.202
買い1  120.735
買い2  120.197
LBOP   119.730

EURUSD
前日終値 1.06328
前日高値 1.06834
前日安値 1.04943
HBOP   1.09018
売り2  1.07926
売り1  1.07127
ピボット 1.06035
買い1  1.05236
買い2  1.04144
LBOP   1.03345

============================================================
13:30 日 鉱工業生産
14:30 日 稼働率指数
21:30 米 生産者物価指数
23:00 米 ミシガン大学消費者信頼感指数
============================================================

ブログランキング→

 

03/13 08:45up

昨夜はユーロの巻き戻しが起こり、全体の需給バランスが混乱しましたので、本日の動きは非常に重要になります。
昨夜は、そういう意味で再度のエントリーは見送りました。
また、本日の日本株式市場はSQ日(先物・オプションの清算日)ですので、需給に大きな変化が出てくる可能性があります。
つまり、株高を狙った仕掛けが一旦終了する可能性があり、その影響での円高進行もあり得ます。
これらの事を意識しながら、エントリーを探ります。

ブログランキング→

 

03/12 19:00up

夕刻よりユーロの買戻しが入り、EUの売りがロスカットとなりました。
再度売りたいところですが、まだ買い圧力が強く、リスクが高い状態です。
一方、本来の流れに戻れば、売りなので、ここでの買いは入りません。
よって、やや、リスクが残りますが、UJの買いで動きます。
明日がSQですので、株式市場で上値を考えているのであれば、機関投資家もドル円を売り崩すことはできないと考えています。
それでも一瞬のリスクはありますが、他の通貨ペアよりは安全。
なお、NY時間(22:30)までに良い利益が出ていれば決済に向かいますし、残った売りの指値も外す予定です。

ブログランキング→

 

03/12 12:15up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 121.21 - 121.53
EU 1.0510 – 1.0605
ダウ -27.55(米株全面マイナス引け)
原油ドル 48ドル台

■材料=======================
イギリス
鉱工業生産 ×(結果:-0.1% 予想:+0.2%)
製造業生産 ×(結果:-0.5% 予想:+0.2%)
NIESR GDP予想 前回と変わらず+0.6%
ウィール英MPC委員
☆英国の経常赤字が高水準にあることを踏まえると、ポンドが不安定になるリスク
⇒ EURGBP調整の材料に。ポンドに投機的な売り。
「原油安で金融政策には猶予ある」
「ポンド高はインフレ鈍化につながる」
——————————————-
フランス
経常収支(結果:-3億EUR 前回:-19億EUR)
非農業部門雇用者(前期比) –(予想通り)
——————————————-
ニュージーランド
政策金利は予想通り据え置き
中銀総裁
「為替レートの水準は正当化できず持続不可能」
「声明文は中立」
「原油安の影響をこなせばインフレ率は持ち直す」
———————————————–
タイ利下げ
2.00% → 1.75%

■米国市場=====================
FRBストレステスト
合格    :シティ
条件付き合格:バンカメ(新たな資本計画を第3四半期末までに提出する)
JPモルガン(調整後の資本計画提出で合格)
米部門不合格:ドイツ銀行、サンタンデール銀行
——————————————-
6月利上げ観測の影響
・大口フローがみられていたsp500で2100/2110のコールでアンワインド
・銀行勢が規制などによりポジションを調整
———————————————–
シェイク・シャック
EPS    :〇
売上高   :〇
ガイダンス:予想通り

ゾーイズ・キッチン
EPS    :〇
売上高   :〇
ガイダンス:×

■欧州市場=====================
国債購入
マイナス0.2%の利回りの国債までが購入対象
⇒ 各国の国債利回りは-0.2%を目安に下落し、国債価格上昇する
——————————————-
ラガルドIMF専務理事
「ユーロ圏は危機を脱した」
☆「日米欧金融政策の方向の相違、世界経済のリスクに」
ECB総裁
「ECBは中央銀行の責務を果たすため、政策手段の拡張を決定した」
「インフレ安定化につながる金融政策は実施可能で、今実施している」
「バランスシートの拡大に伴い、インフレ期待回復を支援すると信じる妥当な根拠がある」
「債券買い入れ、ギリシャ問題の波及回避に寄与する可能性」
「ECBの政策措置、金融安定にかかわるリスクはらむが抑制されている」
「資産買い入れ計画は機能する」
「経済成長は減速局面から転換した」
「スタッフ予想の上方修正、発表した措置の完全実施が前提」
「QEを計画する段階からすでにポジティブな影響」
プラートECB専務理事
「ECBの観点からすると、リスクの伴わない資産など存在しない」
オーストリア中銀総裁
「マイナス利回りの長期化は想定せず」
——————————————-
ウクライナ
IMFは総額175億ドルの追加支援を承認。期間は4年
専務理事
経済問題が「長引いている」ため、対ウクライナ支援は必要とし、新たな支援が「当座のウクライナの景気安定化を支援する」
「ウクライナは初年に約100億ドルの融資を受け取る計画」

■ギリシャ=====================
独財務相
「ユーロ圏が危機を乗り越えることを楽観視」
——————————————-
ギリシャ財務相
「これまでの形態のトロイカは終了」
——————————————-
・ギリシャ救済プログラムの残金約72億ユーロの融資実行を要請
・トロイカ、経済改革リストの検証をしなければならないことで、3月中の融資はできないと表明
13日に約20億ユーロの支払い期限
もし支払えなければデフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高まるとしている

FT紙
ギリシャ政府に入ってくる税収入が大幅に減少している
政府が業者や企業への支払なども未納・滞納となっているようで、企業にも負担
IMFへの返済などのために社会保障基金に資金をまわすよう打診をした模様
同紙によると、社会保障基金が出せる資金額は 20億ユーロ といわれているため、使ったところですぐに不足しそう
打診を受けた社会保険管理局は「無理です」と拒否した模様

ギリシャ会計監査院
「公務員給与と年金以外の支払いを3月10日付けでストップした」
給与の一部分だけの支払いになる可能性もある

■HF情報=====================
GSフローでは1.0600ドル台では強目のオプションバリアーのフローは見当たらない
⇒ 安心感のある売り
しかし、1.0500ドルにはオプションバリアーのフローあり。
——————————————-
原油
米エネルギー情報局:米週間石油在庫統計
原油在庫の増加幅は予想並

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
13日 東京時間にUSD買シグナル
「FRBの利上げ1ヶ月前までは円安・ドル高が進む」というアノマリー
123.00円 OPバリア観測
122.50円 OPバリア観測
121.80円 OP12日NYカット
——————————————-
☆EURUSD
1.0500ドル OPバリア観測
——————————————-
3/9-3-13レンジ
USDJPY
レンジ:  119.50 – 121.80
コアレンジ:120.00 – 121.30
EURUSD
レンジ:  1.0650 – 10970
コアレンジ:1.0800 – 1.0900
——————————————-
ピボット
USDJPY
前日終値 121.443
前日高値 121.623
前日安値 120.855
HBOP   122.527
売り2  122.075
売り1  121.759
ピボット 121.307
買い1  120.991
買い2  120.539
LBOP   120.223

EURUSD
前日終値 1.05457
前日高値 1.07167
前日安値 1.05110
HBOP   1.08769
売り2  1.07968
売り1  1.06712
ピボット 1.05911
買い1  1.04655
買い2  1.03854
LBOP   1.02598

============================================================
05:00 新 政策金利 ★
08:50 日 第三次産業活動指数、景況判断BSI
09:00 豪 消費者インフレ期待
09:01 英 RICS住宅価格
09:30 豪 雇用者数、失業率 ★
14:00 日 消費者態度指数
16:00 独 消費者物価指数、調和消費者物価指数
16:45 仏 消費者物価指数、調和消費者物価指数
18:30 英 貿易収支 ★
19:00 欧 鉱工業生産
21:30 米 小売売上高、輸入物価指数、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数
23:00 米 企業在庫

============================================================
ブログランキング→

 

03/12 9:45up

オーストラリア雇用統計
2月雇用者数増減 結果:+1.56万人 予想:+1.50万人 前回:-1.22万人
1月失業率 結果:6.3%  予想:6.4% 前回:6.4%

ニュージーランド政策金利据え置き

ブログランキング→

 

03/11 18:15up

本日は中国の経済指標が悪化して弱含んだオセアニア通貨も限定的な動きに。
ニュジーランドについては特殊事情なので、下記を確認してください。
ご質問がありましたが、NJは当方は以前ご説明した通りに保有しています。
89.00保有
87.00指値
85.00指値
83.00指値
81.00指値
で、スワップ込の貯金です。
GJのスイングは、スワップよりも価格です。どこかのタイミングで、まずは188円を超えてくると思います。途中で何度か決済と新規を繰り返すにせよ、中長期で弱気になる理由はございません。ご説明の通りです。
したがって、短期目線ではGJの方が有利なのでNJに関しては特に助言は入れていませんが、それでもビッグチャンスがあれば助言を入れていきます。

さて、明日はそのオセアニアに動きがありますので(政策金利、雇用統計など)、今夜はオセアニア通貨は扱いません。
ユーロも、先ほどまでドラギ総裁会見を見ていましたが、落ち着きません。
したがって、UJが中心ながら、トレンドの明確さではEUの売りということで今夜はそのように対応しています。
ただし、UJは落ちるときは相当厳しいことになるので、逃げは迅速に。
ブログランキング→

 

03/11 18:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 120.88 - 121.41
EU 1.0837 – 1.0864
ダウ -332.78 (米株全面安)
原油ドル 48ドル台

■材料=======================
ユーロ圏 「ユーロ圏の中銀、ドイツ5年債を購入」
——————————————-
アメリカ
NFIB中小企業楽観指数(結果:98.0 予想:98.9)
卸売在庫(前月比) (結果:0.3% 予想:-0.1%)
卸売売上高(前月比)(結果: -3.1% 予想:-0.5%)
JOLT労働調査(求人件数)  (結果:499.8万件 予想:505.0万件)
——————————————-
NATOが戦闘機緊急発進、バルト上空のロシア機に向けて

■米国市場=====================
米財務長官 「米経済は極めて堅調」
米CEA委員長
☆「強いドルは米経済成長にとって逆風」
⇒ ドル高を牽制する発言が多発してくることには警戒

■欧州市場=====================
イギリス
英MPC委員 「インフレ率は2%目標を下回って推移へ」
BOE総裁
「英インフレ率は今後数カ月間でゼロ付近へ鈍化」
「賃金が持ち直す兆候を認識」
——————————————-
ギリシャ
ギリシャのユーロ圏離脱懸念が市場から消えない
ギリシャからの案を嫌気に欧州株が下落

ユーロ圏
ギリシャに財政状況の開示を要求
ユーロ圏財務相会合議長
「ギリシャが資金繰りに問題が生じる事は承知している」
「時間は限られている」
ショイブレ独財務相
「ギリシャが通告通り、該当機関への返済を済ませてはじめて支援資金の送金される」
「それ以前は何も行われない」
「同問題によって大変な時間が費やされていると思っていないのはユーロ圏でファロファキス・ギリシャ財務相ただひとり」⇒かなり辛辣
——————————————-
<格付け会社の、ギリシャ離脱へのスタンス>
・ムーディーズ
可能性は低い。2012年の時のように他の加盟国へ飛び火する可能性は小さい
・フィッチ
(続き)会員フォーラムで公開中→

■アジア市場=====================
USDJPY
122円台7年ぶり
米系短期筋によるオプションがらみの買いが入った模様

内閣官房参与
「ドル円120円前後が居心地のよい水準」
「(為替相場が)ファンダメンタルズから離れた動きになるのは良くない」
「(安倍晋三首相としても)注意深く見ていくと言っている」
——————————————-
ニュージーランド下落
ニュージーランド証券取引所
フォンテラなど乳製品関連の一部銘柄の取引を停止したと発表

NZ警察が「粉ミルクを汚染させるとの脅迫で捜査している」との見解を示したことでNZドル売りが加速

NZ産業省
「乳児用粉ミルクが汚染される恐れがあったが安全であると確信」
「意図的な汚染のリスクは非常に低い」

■HF情報=====================
ドイツ銀行見通し(EURUSD)
年末まで 1.0500 → 1.0000
2016年末 0.9000
2017年中 0.8500
——————————————-
原油
クウェート石油担当相 「6月のOPECでも生産量維持見込む」

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
13日 東京時間にUSD買シグナル
123.00円 OPバリア観測
122.50円 OPバリア観測
——————————————-
☆EURUSD
1.0700ドル OP11日NYカット
1.0500ドル OPバリア観測
——————————————-
3/9-3-13レンジ
USDJPY
レンジ:  119.50 – 121.80
コアレンジ:120.00 – 121.30
EURUSD
レンジ:  1.0650 – 10970
コアレンジ:1.0800 – 1.0900
——————————————-
ピボット
USDJPY
前日終値 121.128
前日高値 122.021
前日安値 120.925
HBOP   122.887
売り2  122.454
売り1  121.791
ピボット 121.358
買い1  120.695
買い2  120.262
LBOP   119.599

EURUSD
前日終値 1.06966
前日高値 1.08557
前日安値 1.06926
HBOP   1.09671
売り2  1.09114
売り1  1.08040
ピボット 1.07483
買い1  1.06409
買い2  1.05852
LBOP   1.04778

============================================================
08:50 日 機械受注、国内企業物価指数
09:30 豪 住宅ローン約定件数
14:30 中 鉱工業生産、製造業生産指数、小売売上高、固定資産投資
15:30 仏 非農業部門雇用者
16:00 独 労働コスト
16:45 仏 経常収支
18:30 英 鉱工業生産、製造業生産指数 ★
20:00 米 MBA住宅ローン申請指数
00:00 英 NIESR GDP予想
03:00 米 財政収支

============================================================
ブログランキング→

 

03/11 14:30up

中国経済指標
2月小売売上高(前年比) 結果:+10.7% 予想:+11.6% 前回:+11.9%
2月鉱工業生産(前年比) 結果:+6.8% 予想:+7.7% 前回:+7.9%
2月固定資産投資(年初来前年比) 結果:+13.9% 予想:+15.0% 前回:

予想より低い数字が並んでいるので、豪ドルが下がる流れになりやすくなります。
ブログランキング→

 

03/10 12:30up

ロスカットが続きましたので、少し精査しなおします。
ブログランキング→

 

03/10 12:15up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 120.88 - 121.41
EU 1.0837 – 1.0864
ダウ +138.94
原油ドル 50ドル台

■材料=======================
ドイツ
貿易収支 ×(結果:159億EUR 予想:195億EUR)
経常収支 〇(結果:168億EUR 予想:165億EUR)
——————————————-
アメリカ
労働市場情勢指数 結果:4.0 昨年8月以来
——————————————-
IMMポジション
JPY:ショート7週目でようやく増加に
EUR:ショート4週連続減
GBP:ショート24%減
AUD:ショート2.5%減(前週比)

■米国市場=====================
フィッシャー・ダラス連銀総裁
「早期の段階的な利上げ望ましい」
「利上げを先送りした後に急激に引き上げるよりは早期に利上げすべき」
「イエレン議長が利上げを待ちすぎないと確信している」
——————————————-
メスター・クリーブランド連銀総裁
「2015年上半期の利上げ支持をあらためて表明」
「強いドルは米国の輸出を圧迫している」
「寒波が第1四半期のGDPの重しとなる可能性」
——————————————-
・アルミ大手アルコアがチタンメーカーのRTIインターナショナル・メタルズ を買収
・ショッピングモール運営の不動産投資信託(REIT)最大手サイモン・プロパティー・グループ、同業3位のメイスリッチに買収案

■欧州市場=====================
国債購入
ECBは市場全般で、期間5年以上の債券を買い入れ
域内の中銀はベルギーとフランス、ドイツ、イタリア、スペインの国債を購入
⇒ 欧州債上昇・利回り下落
個々の取引規模は1500万-5000万ユーロほど(比較的制限的)

独連銀総裁
「ECBの多数派はデフレリスクを認識」
——————————————-
ギリシャ
ユーログループ議長
「ギリシャが改革を続けるなら支援する」
ギリシャ案は債権団に送付、11日に協議開始

EU当局者
「ギリシャの資金は3週間で尽きる可能性ある」
「最初のステップはギリシャから数字を得ること」
「ギリシャ支援の技術的な協議は水曜日から実施」

ファロファキス・ギリシャ財務相
「ギリシャにユーロ圏離脱の計画はない」
「ギリシャ政府は時間を無駄にしてはいない」
「国民投票に関するコメントは仮定のもの」

関係筋
「支援延長合意から、ギリシャの銀行預金動向は安定的に推移している」
FT紙によるアンケート
ギリシャ債務危機は2012年よりも高まったととられている
——————————————-
ギリシャ世論調査
69.6% 政府は危機解決に向け「名誉ある妥協案」を模索すべき
27.4% ユーロ圏からの離脱を余儀なくされても、いかなる妥協案も拒否すべき

50.4% ギリシャがデフォルトに陥る可能性がある
45.5% ギリシャがデフォルトに陥る可能性はない

■アジア市場=====================

■HF情報=====================

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
13日 東京時間にUSD買シグナル
122.50円 OPバリア観測
122.00円 OPバリア観測
——————————————-
☆EURUSD
1.0700ドル OPバリア観測
——————————————-
3/9-3-13レンジ
USDJPY
レンジ:  119.50 – 121.80
コアレンジ:120.00 – 121.30
EURUSD
レンジ:  1.0650 – 10970
コアレンジ:1.0800 – 1.0900
============================================================
08:50 日 マネーストックM2
09:01 英 BRC小売売上高[既存店
09:30 豪 NAB企業景況感指数
10:30 中 消費者物価指数、生産者物価指数 ★
16:45 仏 鉱工業生産、製造業生産指数
18:00 伊 鉱工業生産
23:00 米 卸売在庫、JOLT労働調査(求人件数)
23:35 英 カーニー英中銀総裁、発言
============================================================
ブログランキング→

 

03/09 18:45up

本日は朝から、ドイツの国債利回りが上昇しています。
つまり、ユーロが買い戻されやすい地合いでしたので、UJの売りから臨みましたが、少し敏感に動きすぎたようで、欧州時間に変化が起こりました。
今夜は思いがけないユーロの反発に警戒。
と同時に、NY市場の反発にも警戒。
原油の反発にも警戒。
ですから、影響を受けやすいAUD、EURを避けています。GBPは上記の動きは歓迎のポジションですから・・・

UJは投げで円高になるか、地合いで121円台回復するかですが、それ以前にレンジにとどまるという結論で、売りと買いの指値。

ブログランキング→

 

03/09 11:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 120.61 - 121.27
EU 1.0822 – 1.0899
ダウ -278.94
原油ドル 49ドル台

■材料=======================
アメリカ
非農業部門雇用者数 〇 (結果:29.5万人 予想:23.5万人)
失業率       〇 (結果:5.5% 予想:5.6%)
平均時給      – (結果:0.1% 予想:0.2%)
米貿易収支     × (結果;-418億USD 予想:-412億USD)
労働参加率     – (結果:62.8% 予想:62.9%)

■米国市場=====================
雇用統計
・ポジティブ面
雇用者数の伸びが20万人超12カ月連続を記録
僅かながら一時雇用は減少が続く
やむを得ずパートタイム労働に就いている労働者も減少傾向
・ネガティブ面
平均賃金の伸びや労働参加率は冴えない
失業率の改善は雇用増のほかに労働参加率の低下が影響したもよう
USDJPY上昇に反してクロス円は上昇していない
利上げは時期尚早という声もある
——————————————-
ラッカー米リッチモンド連銀総
「利上げ時期は6月が有力候補」
3月のFOMCでは「辛抱強く」文言が主要議題になるとの見解
⇒ 「辛抱強く」の文言が削除されるのでは?という見方が増え、6月利上げ説が濃厚になってきた
——————————————-
アップル ダウ平均に採用。AT&Tが除外

■欧州市場=====================
スイス現地紙シュバイツ・アム・ゾンターク
スイス国立銀行の関係者
CHF相場が「間違った方向に」進んだ場合は既にマイナスの政策金利を一段と引き下げる可能性があると示唆
19日に金利発表
上限撤廃から初の会合
現在の-0.75%から「マイナス1.5%程度に引き下げることも検討している」
——————————————-
ギリシャ
ユーログループ議長
ギリシャのユーロ離脱は無いだろう
ギリシャの再建計画は満足には遠い

ECBクーレ専務理事(独紙)
「ECBがギリシャ政府をファイナンスすることはできない。それは違法だ」
「ギリシャが市場から(資金を)調達できない現状では、(短期)Tビルをこれ以上担保とすることはできない。明らかに財政ファイナンスとなる」
ギリシャが短期国債の発行上限を引き上げれば財政ファイナンスに等しいと指摘
ECBは同意できないとの見解
ドラギ総裁も同様の見解

バルファキス財務相(伊紙にて)
「改革プランをユーロ圏諸国が承認しなければ、国民投票もしくは早期の総選挙を実施する可能性がある」
8日遅くに声明を公表し、同相は仮定の質問に答えたものであり、国民投票とは財政改革の中身に関するもので、ユーロ圏にとどまるかどうかを問うものではないと説明
——————————————-
EU、ラトビアで非公式の外相会合
ウクライナ東部の情勢などについて協議
モゲリーニEU外相
「状況が実際に改善しない限り対露制裁は解除しない」
「必要なら、圧力を強める準備が常に整っている」

■アジア市場=====================
中国2月貿易収支
輸出+48.3%
輸入-20.5%
春節の影響で貿易統計は不安定。

■HF情報=====================
日本株買いについて
本邦勢ではなく、海外勢が主役へ。
短期筋から中長期筋へ
日本株を買っても為替市場で円ショートのヘッジをしていない
⇒ 円を買って日本株を買う。円安は投資にマイナスなので、円売りポジションを2倍のロットで取って、ヘッジをするのがこれまでの王道。
しかし、円安の進行がない中ではヘッジで円売りをしない。
したがって、円安も進行しにくい。
「結果」 日本株とドル円のデカップリング

日本株、およびドル円は海外勢の動向次第では「下がらなくとも膠着してしまう可能性がある」

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
13日 東京時間にUSD買シグナル
122.50円 OPバリア観測
122.00円 OPバリア観測
——————————————-
☆EURUSD
1.1100ドル OPバリア観測
1.0900ドル OPバリア観測
1.0700ドル OPバリア観測

============================================================
08:50 日 実質GDP、国際収支・貿易収支
14:00 日 景気ウォッチャー調査
16:00 独 貿易収支、経常収支
23:00 米 労働市場情勢指数

============================================================
ブログランキング→

ブログランキング


シグナル配信0327 岩本壮一郎の投資講座!

『ニコ生・株式常勝軍団』 投資顧問アイリンクインベストメント代表 岩本壮一郎が、株式相場についてたっぷり語り尽くします。




ブログランキング

本日17:00より、ニコニコ生放送「株式常勝軍団」放送です!FX、日経225先物情報もあります。

閲覧はこちらから
http://live.nicovideo.jp/watch/lv211960340

★★生放送中の質問コメント絶賛募集中★★
17:00より生放送です!お見逃しなく!

o0530066313042658755


0326<Signal-DAY>
EURUSD1.0975ロング–1.0995決済
20pips
0326<Signal-Evening>
EURUSD1.1025ロング–1.1010決済
-15pips

Total 5pips

追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

FX常勝軍団

※助言者おすすめ!JFX口座開設はこちらから


シグナル配信0326 金の流れに変化が・・・

ブログランキング

J氏 金の流れが変わったようだ

Z君 金の流れ??

J氏 このチャートを見て欲しい

11079746_801706623257474_395242320_n

Z君 これは原油と金のチャートですね
   メチャメチャ強い動きをしてません!?

J氏 これが今の金の流れ、
   商品市況にマネーが向っている

Z君 でも、なんででしょ??

J氏 これが要因だろう

11096715_801706619924141_918745644_n

Z君 ドル売りからの商品高かぁ

J氏 前回のFOMCからガラッと流れが変わったようだ

Z君 激変しましたねぇ

J氏 これまでのドル買いポジション巻戻しが入っているんだろう
   そこから商品高の流れが生じているようだ

Z君 商品高が今のマネーの流れかぁ

J氏 商品高ということで
   ※※※※※でその流れをチェックしておくことをお奨めするぞ

Z君 重要部分は伏字ですか??

J氏 ※※※※※についてはブログランキングにズバッと掲載しておこう

Z君 ブログランキングしっかりチェックしておきます

J氏 このドルの流れから為替のボラテリティが広がっている
   ボラティリティが広がればチャンスも増える

Z君 なるほど!今こそ「FX常勝軍団」ですね!!

fx02

J氏 まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してみてくれ!!

※部分はブログランキングで限定公開


0325<Signal-DAY>
USDJPY119.70ロング–119.75決済
5pips
0325<Signal-Evening>
USDJPY119.65ショート–119.53決済
12pips

Total 17pips

追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

FX常勝軍団

※助言者おすすめ!JFX口座開設はこちらから