シグナル配信0403 会員フォーラム一部公開!


ブログランキング

FX常勝軍団有料サービスは、売買シグナルだけじゃない!凄腕トレーダーの分析・情報も提供します。

有料サービスをご利用中の方だけが見られる会員フォーラム3/16~3/20掲載分を特別公開!!!
プロはあの相場の時、どんな情報をどう分析していたのか…ぜひご覧ください。

FX常勝軍団


会員フォーラム


03/20 12:15up

スティーブンス豪中銀総裁
「豪ドルは著しく下落したが、まだ不十分の可能性」
「豪ドルの調整の動きは恐らくまだ完了していない」

「豪州の企業や家計では楽観的予想が後退の方向に」
「経済的な移行を支持する政策を継続する」
「平均を下回る成長期となる公算が最も大きいだろう」
「米金融政策はしばらくの間、緩和的である可能性」
「米利上げならば、市場に多少の混乱生じるであろう」

ブログランキング→

 

03/20 12:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 120.90 - 121.00
EU 1.0612 – 1.0673
ダウ -117.16
原油ドル 43ドル台

■材料=======================
アメリカ
経常収支       ×(結果:-1135億USD 予想:-1041億USD)
 前回の上昇修正
新規失業保険申請件数 〇(結果:29.1万件  予想 29.3万件)
失業保険継続受給者数 ×(結果:241.7万人 予想 240.0万人)
フィラデルフィア連銀製造業指数  (結果:+5.0 予想:+7.0)
—————————————-
欧州
TLTRO
 1回目(09月): 826億157万EUR (225行)
 2回目(12月):1,298億4013万EUR(306行)
 3回目(今回): 978億4823万EUR(143行)
 コンセンサスが400億ユーロ
 ⇒予想より多く、バランスシートへの影響から、発表直後にユーロ下落
※今回からTLTRO参加条件が変更されているので注意
—————————————-
CMEの通貨先物の証拠金が2倍に引き上げられるとの観測
 ⇒通貨先物の一部で短期勢からアンワインドの動きがでている模様

■米国市場=====================

■欧州市場=====================
ギリシャ
ギリシャの銀行からの預金流出額
 3/18だけで約3億ユーロ
 一日当たりの流出額としては、2/20のEU合意以降最大

トゥスクEU大統領(EUサミット前)
 「今回の会合がギリシャにとってのラストチャンスではないことは言っておきたい」
 「ツィプラス首相との会合も決定的なものではない」
 「誰しもギリシャの離脱を望んでいる者はいない」

スタブ・フィンランド首相(EUサミット前)
 「ギリシャに残された期間は4か月、それ以上は許容できない」
 「2月20日の協定を厳守してもらう」

EUがギリシャに関する非公式会合を開始
EU当局者
 「ギリシャの資金は4月まで続くだろう」
 「ギリシャ首相と債権者の間に意見の接近」
 「ギリシャ首相との協議は率直なものだった」
————————————-
イギリス
(続き)会員フォーラムで公開中→
ブログランキング→

 

03/20 08:45up

昨夜は、マーケットの点検を行いました。
為替として目立つことは、シカゴの為替証拠金が2倍に引き上げられていることで、これはボラティリティの拡大が原因になります。
システムから見ても、ストップロスの指値は最小限に抑えてきましたが、この動きでは、少し修正して、逆にストップロスを拡大しなければ、振り回される可能性が高くなってきました。

ブログランキング→

 

03/19 19:00up

昨日の動きが、マーケット全体の方向感を見えなくしています。
基本的には、一服したら元の「ドル買い」に戻るはずですが、今は一瞬で雰囲気が変わります。

ブログランキング→

 

03/19 12:15up

GJヘッジについて(保有の方のみ)
昨日、経済指標が予想通りであるにもかかわらず、欧州時間に軟調に推移しましたが、大きな原因は「ユーロとの力関係」にあります。
「米ドル」に続いて、正常化に向かう可能性が高いことに変わりはありませんが、目先は振り回されていますので、最小限ヘッジします。

基本的には、数日間のヘッジを意識しており、ポジションの変更をしていきますので、必ずヘッジされる側の1/3のロットでお願い致します。

なお、保有のない方はエントリーはお見送りください。

ブログランキング→

 

03/18 18:00up

本日は日本時間午前3時以降にFOMCの会見などがあります。
したがって、助言を出来る時間ではありませんが、内容はほぼ間違いなく、以下のようになるものと考えています。

「辛抱強く」という文言は削除。しかし、それが金利引き上げとは関係がないことを強調。文言削除が「タカ」に見える分、文章や会見で「ハト」を演出。

つまり、大きく円安が進行した後、ドル安に展開というのがメインシナリオ。

したがって、他の経済指標同様、かなり離れた位置に「買い」の指値を残しておきます。一方、ぎりぎりまで「買い」方向からのみ取引します。
逆に、円安進行に対する調整の売り指値は入れません。
想定以上の円安が進行した場合、取り返しがつかなくなるためです。
EURUSDは、高い位置に売り指値を残します。

以上は全て明日の朝に約定していなければ解除します。

ブログランキング→

 

03/18 13:15up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 121.21 - 121.40
EU 1.0583 – 1.0650
ダウ 2128.34
原油ドル 43ドル台
 WTI原油先物相場、一時42.41ドル 2009年3月以来安値

■材料=======================
独ZEW景気期待指数 △ (結果:54.8 予想:59.4)
欧消費者物価指数 予想通り

ZEW景況感調査
 ドイツ  54.8 +1.8
 フランス 28.8 +5.8
 イタリア 38.8 +5.8
————————————–
アメリカ
住宅着工件数 ×     (結果:89.7万件 予想:104.0万件)
————————————–
格付け会社ムーディーズ
 ギリシャ「Caa1」について、格下げ方向で見直し中

 「ギリシャがユーロ圏から離脱すれば広範な影響が及ぶ」
 金融上の短期的な影響が限られたとしても、分裂はないとされたユーロ圏からギリシャが離脱すれば、「どのような圧力下で他の国も離脱に追い込まれるのかといった疑問が生じるのは不可避」

■米国市場=====================
ルー米財務長官
 「不公正な通貨への行動は停止するべき」
 「米国のQEや他国の施策は為替操作ではない」
 「貿易をテーマに金融政策を行うべきではない」
 「金融政策が貿易協定の目的であるべきではない」
————————————–
ジョン・ヒルゼンラース記者(ウォールストリート・ジャーナル)
 FOMCの声明文の中から「辛抱強く(patient)」という表現が消える可能性に言及
————————————–
レイダリオ氏(ブリッジウォーター)
 FEDによる早急な利上げは1937年型の株急落を起こすリスクがあると顧客に注意

■欧州市場=====================
ZEW所長
 「回答者からの自信の高まりは1月・2月にあったが、今回はダウンサイド・リスクを警戒しているようだ」
 「ギリシャ情勢は日を追うごとに悪化、論戦ばかりが焦点に」
————————————–
独連銀理事
 「独連銀はECBの決定であるQEを支援する」
————————————–
プラートECB専務理事
 「現在、欧州圏では構造的ではなく周期的な回復の中にいる」
————————————–
ラガルドIMF専務理事
 「主要国にどうしの「非同期的」金融政策はボラティリティーの引き金となる」
————————————–
スロバキア中銀総裁
 「QEは成功すると予想している」
————————————–
ウクライナ
政府はPIMCO、ブラックロックなどの債権者と債務繰り延べをめぐる協議を開始
IMFが承認した再建計画の下、向こう4年間で150億ドルを超える債務の繰り延べを目標
————————————–
ギリシャ首相、プーチン大統領との会合のため4月8日にモスクワ訪問
ギリシャ高官「首相は来るEUサミット(19-20日)にてドラギECB総裁、オランド仏大統領、メルケル独首相との会談を要請」
————————————–
アンシュー・ジェインCEO(ドイツ銀行)
 「ドイツ銀は国内業務に経営資源を集中する圧力も、国際業務を縮小させる圧力も受けていない」

(続き)会員フォーラムで公開中→
ブログランキング→

 

03/18 12:00up

無題

指値はメールにて。

ブログランキング→

 

03/18 8:45up

■外資系経由寄り前注文動向
・売り4390万株
・買い1860万株
・差し引き2530万株の売り越しとの観測。金額ベースでは売り(443億円)、買い(338億円)で差し引き105億円の売り越しとの観測。
・米国系証券は売り越し、欧州系証券は買い越しとの観測。

上記は株式で毎日確認している数字ですが、これほど売り先行になることは稀です。昨夜からの売り方向への圧力は継続。
しかしながら、FOMCに向けて「ドル買い」が基本の方向。

ブログランキング→

 

03/17 19:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 121.15 - 121.45
EU 1.0562 – 1.0619
ダウ +228.11(米株全面高)
原油ドル 43ドル台(下落)

■材料=======================
ニューヨーク連銀製造業景気指数 ×(結果: 6.90 予想:8.00)
鉱工業生産 ×(結果:0.1%  予想 0.2%  前回:下方修正)
設備稼働率 ×(結果:78.9% 予想 79.5% 前回:下方修正)
NAHB住宅市場指数 53(予想 57・前回 55)
対米証券投資(ネットTICフロー)    883億USD(前回 -1748億USD)
対米証券投資(ネット長期TICフロー) -272億USD(前回 354億USD)

■米国市場=====================
FOMCが始まる
米株を手仕舞って、緩和をする日本株や欧州株に資金が移動
————————————–
米フェイスブックが投稿禁止内容の細則公表、過激派組織関連など
————————————–
原油が再び下落が加速
一時42ドル台
米原油先物が2009年以来の安値、在庫増推計を嫌気
コモディティ総崩れ
————————————–
フィッチのストリンガー氏、ブラジルのソブリン格付け見直している

■欧州市場=====================
DAX指数高値更新、初の12,000超え
————————————–
ECB
3/13までの国債購入
・ABS        37億5400万EUR
・カバードボンド  569億4700万EUR
・国債を含むPSPP  97億5100万EUR
毎日同額購入ではなく、購入額0の日もある(ブルームバーグアナリスト)
————————————–
ドラギ総裁
「ユーロ圏の経済状況は着実に改善している」
「原油安・ECBの刺激策・構造改革、経済を下支え」
「見通しに楽観的、改革の推進必要」
————————————–
バンコ・デ・マドリード:スペインの銀行が倒産
スペインの金融市場全体の健全性やスペイン経済全体の先行きとは無関係
米司法当局からマネー・ロンダリングに関与しているという指摘があり、預金流出
————————————–
スイス
ビドマーシュルンプフ財務相
「政府はスイス国立銀行に対し、スイス・フラン相場に新たな上限を設定するよう求めていない」
————————————–
ギリシャ
関係筋「ギリシャ、本日期日のIMF融資5億8000万ユーロ、後程当日支払いへ」
⇒ギリシャ財務省当局者「本日支払い期日のIMF融資、返済完了した」
————————————–
ギリシャ財務省
2014年基礎的財政収支の黒字額見通しを下方修正
これまでのGDP比1.5% ⇒ 0.3%
従来見込みはサマラス前政権が推計(国際債権団と合意した目標値)
下方修正は暫定データに基づく数値
昨年終盤に歳入が39億ユーロ不足した点などを反映したと説明
————————————–
ドイツ
ザイバート独首相報道官
「ドイツの政治的目標はギリシャをユーロ圏に残留させる事」
「ギリシャ、そして欧州各国のパートナーは最後まで支援プログラムを成し遂げる責任がある」
「ショイブレ財務相とファロファキス・ギリシャ財務相は互いを尊重する関係」

■アジア市場=====================
BBG報道
HKMA(香港金融管理局)は下記銀行をD-SIBS(国内のシステム上重要な銀行)に指定
・HSBC
・バンク・オブ・チャイナHK
・恒生銀行(ハンセンぎんこう)
・スタンダードチャータード銀行
・東亜銀行(とうあぎんこう、Bank of East Asia)
————————————–
塩崎厚労相
「後任が見つからなければ三谷GPIF理事長の続投を要請」

■HF情報==================
EURUSD見通し
ゴールドマン(1月予想→3月予想)
・03か月後 1.1400 → 1.0200
・06カ月後 1.1100 → 1.0000
・12カ月後 1.0800 → 0.9500
・2016年末 1.0000 → 0.8500
・2017年末 0.9000 → 0.8000

JPモルガン
・3月 1.0800
・6月 1.0700
・9月 1.0600
・12月 1.0500

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
「FRBの利上げ1ヶ月前までは円安・ドル高が進む」というアノマリー
123.00円 OPバリア観測
122.50円 OPバリア観測
121.00円 OP17日NYカット
120.00円 OP17日NYカット
——————————————-
☆EURUSD
1.0500ドル OP17日NYカット(18日に非常に大きなNYカットOP)
1.0400ドル OPバリア観測
1.0300ドル OPバリア観測
——————————————-
ピボット
USDJPY
前日終値 121.320
前日高値 121.456
前日安値 121.094
HBOP   121.848
売り2  121.652
売り1  121.486
ピボット 121.290
買い1  121.124
買い2  120.928
LBOP   120.762

EURUSD
前日終値 1.05630
前日高値 1.06191
前日安値 1.04790
HBOP   1.07685
売り2  1.06938
売り1  1.06284
ピボット 1.05537
買い1  1.04883
買い2  1.04136
LBOP   1.03482
============================================================
FOMC1日目
09:30 豪 豪準備銀行、金融政策会合議事要旨公表
14:00 日 景気先行指数(CI)・改定値
15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00 独 ZEW景況感調査(期待指数)
19:00 欧 ZEW景況感調査
21:30 米 住宅着工件数、 建設許可件数
============================================================

ブログランキング→

 

03/17 12:30up

日銀金融政策決定会合

現状維持
「資金供給量(マネタリーベース)を年間80兆円増やす金融政策の維持を8対1の賛成多数で決定」
「8対1の賛成多数、反対は木内委員」

「景気は緩やかな回復基調を続けている」
「CPIの前年比は当面ゼロ%程度で推移するとみられる」
「CPIの前年比は消費増税の影響を除きゼロ%台前半となっている状況」
「物価の判断を下方修正」
「輸出と生産は持ち直している」
「個人消費は一部で改善の動きに鈍さみられるが全体として底堅く推移している」
「景気の先行きは緩やかな回復基調を続けていくとみられる」
「量的・質的金融緩和は所期の効果を発揮している」
「物価2%目標めざし安定持続に必要な時点まで継続」
「経済・物価の上下リスク点検し必要なら躊躇なく調整行う」
「予想物価上昇率、やや長い目で見れば全体として上昇していると判断」
「海外経済では一部になお緩慢さ残しつつ先進国を中心に回復している」
「リスク要因は新興国や資源国の動向、欧州の債務問題や低インフレ長期化リスク・米経済回復ペース等挙げられる」

ブログランキング→

 

03/16 12:15up

EURUSDに関しては、反動も警戒しながら、大きな方向性としての下への動きが継続しています。
現在の最大の反動位置は、1.1100ということになります。
一方、下値目途については、下記の整理項目にも書きましたように、一部で下方修正が行われています。
GBPJPYも、このEURUSDの弱さの影響を受けていますので、EURUSDを売ることが、現在のポジションのヘッジとしても機能します。

ブログランキング→

 

03/16 12:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 121.13 - 121.55
EU 1.0461 – 1.0532
ダウ -145.91(米株全面安)
原油ドル 44ドル台(下落)

■材料=======================
PPI(前月比) (結果:-0.5% 予想:+0.3%)
PPI(前年比) (結果:-0.6% 予想:±0.0%)
PPIコア(除食品・エネ)(前月比) (結果:-0.5% 予想:+0.1%)
PPIコア(除食品・エネ)(前年比) (結果:+1.0% 予想:+1.6%)
ミシガン大学消費者信頼感指数(結果:91.2 予想:95.5)

■米国市場=====================
ドルインデックス100到達
ドル高期待
米株の利食いが入っている
————————————–
米小売売上高は2月も-0.6と予想外の弱さ
12月▲0.9、1月▲0.8と3か月連続でマイナスで米国小売が弱い
早期利上げに消極的観測があるとすればこれも一因

■欧州市場=====================
ツィプラス・ギリシャ首相
「ユーログループの決定を最良な方法で実施する事を考えている」

ユンケル欧州委員長(会合前の会見)
「ツィプラス・ギリシャ首相との会合、決定的なものとなるだろう」
「最近のギリシャの動向には満足していない」
「会合が物別れに終わるとは全く思っていない」

■HF情報=====================
EURUSD見通し
ゴールドマン(1月予想→3月予想)
・03か月後 1.1400 → 1.0200
・06カ月後 1.1100 → 1.0000
・12カ月後 1.0800 → 0.9500
・2016年末 1.0000 → 0.8500
・2017年末 0.9000 → 0.8000

JPモルガン
・3月 1.0800
・6月 1.0700
・9月 1.0600
・12月 1.0500

☆チャイナネーム(予想)が 3月末期限の日経平均の10000~20000円のダブルノータッチオプションを大量に持っているという噂。
3月末までにこれをタッチさせるような動きが出る可能性がある。
そして、その場合は、日経平均20000円が株式とドル円の一旦の天井となる。

■テクニカル分析==================
☆USDJPY
「FRBの利上げ1ヶ月前までは円安・ドル高が進む」というアノマリー
123.00円 OPバリア観測
122.50円 OPバリア観測
——————————————-
☆EURUSD
バロンズ紙「ユーロ・ドルで1ユーロは0.82ドルに向けて下落の方向性も」
1.0400ドル OPバリア観測
1.0300ドル OPバリア観測
——————————————-
ピボット
USDJPY
前日終値 121.365
前日高値 121.572
前日安値 121.135
HBOP   122.016
売り2  121.794
売り1  121.740
ピボット 121.357
買い1  121.142
買い2  120.920
LBOP   120.705

EURUSD
前日終値 1.04942
前日高値 1.06348
前日安値 1.04618
HBOP   1.07718
売り2  1.07033
売り1  1.05988
ピボット 1.05303
買い1  1.04258
買い2  1.03573
LBOP   1.02528

============================================================
09:01 英 ライトムーブ住宅価格
09:30 豪 新車販売台数
21:30 米 ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:15 米 鉱工業生産、設備稼働率
23:00 米 NAHB住宅市場指数
============================================================

ブログランキング→

 

ブログランキング


シグナル配信0403 「会員フォーラム」はお見通し

ブログランキング

Z君 今日は取引になりませんでしたね

usdjpy

J氏 グッドフライデーで欧米株式市場は休場だからな

Z君 株式の出来高も2兆円割れだったそうです

J氏 その上、欧州は月曜日も休場だからな
   昨日までにほとんどのポジションは閉じていたのだろう

Z君 だから、ユーロドルが反発したり
   豪ドルが売られたりしていたんでしょうかね

eurusd

J氏 基本的にはそういうことになることを「会員フォーラム」にアップしていた

無題

Z君 これは助かりますね

J氏 ただし、昨日の時点ではユーロの買戻しが継続するのか
   不透明な部分もあったので、FX常勝軍団はドル円の取引に集中した

Z君 なるほど

J氏 そして、本日の株式市場は堅調と判断していたので
   日本時間は、ドル円の買いに集中だ

Z君 でも、これから「アレ」がやってくるんですよね

J氏 雇用統計の事かな?

Z君 そうです。NY株式市場がお休みだとどうなるんでしょうか?

J氏 まぁ、週明けまで本来のインパクトは持越しになるだろう
   しかし、今回はそもそもそれほど警戒していない

Z君 え?

J氏 水曜日のADP雇用報告は既に悪い数字で反応済み
   昨夜の新規失業関連は、良い数字で既に昨夜反応済み

Z君 そうか
   どっちに転んでも、ある程度は織り込んでいると

J氏 そういうことになる
   しかも、しこりになるポジションは今日までに外してあるのだから

Z君 では、このままドル円の買いですか?

J氏 いや、必ずしもそうではない
   逆に昨夜よりも自由の範囲が広がった。

Z君 ということは

J氏 先ほども※※※※※でエントリーして利益確定も終わっている

Z君 え~!!重要部分は伏字??

J氏 この内容についてはブログランキングにズバッと掲載しておこう

Z君 ブログランキングしっかりチェックしておきます

J氏 雇用統計から流れが変われば新たなチャンスも!?
   今こそ「FX常勝軍団」だ!!

fx02

J氏 まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してみてくれ!!

※部分はブログランキングで限定公開


0401<Signal-Evening>
USDJPY119.55ロング–119.60決済
5pips
0402<Signal-Morning>
EURUSD1.0785ショート–1.0800決済
-15pips
0402<Signal-DAY>
USDJPY119.45ショート–119.60決済
-15pips
0402<Signal-Evening>
USDJPY119.52ロング–119.87決済
35pips

Total 10pips

追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

FX常勝軍団

※助言者おすすめ!JFX口座開設はこちらから