シグナル配信0507 会員フォーラム一部公開!

にほんブログ村 為替ブログへ▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

老師から1言📣
『』

⚠重要⚠※※※※※の部分は・にほんブログ村でCHECK!!

04/22 19:30up

今回の日銀の「マイナス金利を銀行へ」という論議は、ECBのシステムの踏襲。
ECBは3月10日の理事会でマイナス金利を0.3%から0.4%に拡大。
同時に、これによる銀行収益の圧迫懸念に配慮し、ベンチマーク対比で貸し出しを増やした銀行に、その程度に応じてECBからの貸し出しに最大でマイナス0.4%まで金利を付与することを決定した。

日銀に関しては、何らかの追加緩和措置の決定は不可避
しかし、量的緩和拡大の可能性はない
質的緩和(ETFなど資産購入)拡大、マイナス金利引き下げの可能性が高い
熊本地震を受けて、被災地の金融機関を対象に何らかの支援策も

つまり、週末に期待を裏切る報道などがなければ、日銀政策決定会合までは、株式市場は堅調に推移する。

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/22 18:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 109.32-109.60
EU 1.1269-1.1309(21時台は1.1400手前)
DOW 17982.52(-113.75)
原油  43.18 (-1.00)
金  1254.40(+0.10)

■材料======================
☆英小売売上高指数(前月比)(結果:-1.3%  予想:-0.1% )
☆英小売売上高指数(前年比)(結果:+2.7%  予想:+4.4% )
——————————————-
ECB政策金利 据え置き
欧消費者信頼感(結果:-9.3 予想:-9.3)
——————————————-
米 新規失業保険申請件数(結果:24.7万件 予想:26.5万件)
米失業保険継続受給者数 (結果:213.7万人 予想:217.3万人)
☆米シカゴ連銀全米活動指数 (結果:-0.44  予想:-0.15 )
☆☆米フィラデルフィア連銀景況指数 (結果:-1.6  予想:+9.0 )
米景気先行指標総合指数(前月比)(結果:+0.2% 予想:+0.4%)

■米国市場====================
米5年物TIPS入札
最高落札利回り   -0.195%(前回 0.472%)
最低落札利回り   -0.425%(前回 0.288%)
最高利回り落札比率 53.48% (前回 32.46%)
応札倍率      2.42倍 (前回 2.38倍)
発行額       160億ドル(前回 160億ドル)

■欧州市場====================
ドラギECB総裁
「ユーロ圏の金融状況が全般に改善、世界的には不透明感が続いている」
「ユーロ圏の成長へのリスクは引き続き下向き」
☆「ヘリコプターマネーについては協議しなかった」

「インフレ率は2017-18年にさらに上昇へ」
☆「インフレ率はマイナスになり、その後年内に上向く見通し」
☆「インフレ目標を達成するためには適切な金融緩和が必要」

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/21 18:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 109.18-109.87
EU 1.1290-1.1343
DOW 18096.27(+42.67)
原油  42.63 (+1.55)
金  1254.40(+0.10)

■材料======================
英失業者数推移(結果:+6.7千人 予想-10.0千人)
英失業率(結果:2.1% 予想:2.1%)
英ILO失業率(四半期)(結果:5.1% 予想:5.1%)
——————————————-
独生産者物価指数(前月比)(結果:0.0% 予想:+0.2%)
独生産者物価指数(前年比)(結果:-3.1% 予想:-2.9%)
——————————————-
米中古住宅販売件数 (結果:533万件 予想:528万件)
米中古住宅販売件数(前月比)(結果: 5.1% 予想:3.9%)

■米国市場====================
EIA米在庫統計
原油在庫 208万バレル増加
ガソリン在庫 11.0万バレル減少
留出油在庫 355万バレル減少
クッシング原油在庫 24.8万バレル減少
——————————————-
イラク
産油国会合、ロシアで5月に開催する可能性も

■欧州市場====================
マカファーティ英MPC委員
「弱い賃金の伸びは一時的だろう」
「低インフレが賃金上昇率に与える影響は明白」
「インフレ上昇すれば、賃金は驚くほどすぐに上がるだろう」
☆「生産性には失望、たるみは多少残っている」
☆「国民投票が投資の重しになる可能性」
——————————————-
ショイブレ独財務相
「域内の安定に向けてより多くの作業が必要」
「早期の条約改定には期待していない」
「リスクは共有する前に軽減させる必要」
☆「長期にわたるゼロ金利が合理的でないこと疑いの余地ない」
☆「中銀は低金利からの脱出策を見出すべき」

■アジア市場===================
工作機械受注(前年比)(結果:-21.2% 前回:-21.2%)
コンビニエンスストア売上高(前年比) (結果:-0.1% 前回:+1.6%)
——————————————-
与党
臨時国会、夏の召集検討、補正やTPP対応急ぐ
——————————————-
黒田日銀総裁
「物価の基調は着実に改善している」
「上下双方のリスクを点検し、必要なら躊躇なく対応」
「熊本地震、金融面で特別な問題は生じていない」
「熊本地震、マインド含めて日本経済全体への影響を注視」
「G20声明、中銀の金融政策を制約するものではない」
「金利面でマイナス金利の効果が出ており、今後は実体経済・物価に波及」
「量の拡大が限界とは思わない、量・質的緩和は今後も選択肢のひとつ」
「今の時点で追加緩和の有無は言えない」
「緩和進めば通貨安・株高が見込まれるが、保証はない」
「マイナス金利、下限に来ているとはいえない」
「国債買い入れは今後何年も限界は来ないであろう」
「為替動向には十分注視」
「円高が物価引き下げに働くのは事実」

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/20 17:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 108.99 - 109.44
EU 1.1353 - 1.1384
DOW 18053.60(+49.44)
原油  41.08 (+1.30)
金  1254.30(+19.30)

■材料======================
欧経常収支(季調前)(結果:+111億EUR 前回:+63億EUR)
欧経常収支(季調済)(結果:+190億EUR 前回:+254億EUR)
欧建設支出(前月比)(結果:-1.1% 前回:+6.0% )
欧建設支出(前年比)(結果:+2.5% 前回:+3.6% )
欧ZEW景況感調査(結果:21.5 前回:10.6)
伊経常収支(結果:+13.77億EUR 前回:-10.68億EUR)
独ZEW景況感調査(結果:11.2 予想:8.0)
——————————————-
米住宅着工件数(結果:108.9万件 予想:116.6万件)
米住宅着工件数(前月比)(結果:-8.8%  予想:-1.1% )
米設許可件数(結果:108.6万件 予想:120.0万件)
米設許可件数(前月比)(結果:-7.7% 予想:+2.0% )

■米国市場====================
ボストン連銀総裁
☆「FRB、投資家の予想より早いペースで利上げも」
☆「年25bpの利上げとの市場予想は正当化されず」
「米GDP伸び率は潜在成長率をやや上回ると予想」
「緩やかな利上げが適切であるのは確か」

■欧州市場====================
BOE総裁
「必要なら金利をゼロ付近に引き下げること可能」
「国際的に困難な環境にある」
「英国民投票は金融安定に対する最大のリスク」
「EU離脱すれば低成長・高インフレ引き起こす恐れ」
「必要なら金利をゼロ付近に引き下げること可能」
「ヘリコプターマネーの信者でない」

■アジア市場===================

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/19 17:50up

ドル円の底堅さに関する材料

「ルー長官の発言は、現状程度の為替水準や変動幅では、介入はしないでほしいとの意味」としつつ、「秩序的ではない」と認識される急激な円高が進んだ場合、日本の政策当局は適切な対応として介入を実施できるとの見方。
急激な変動をなだらかにする「スムージング・オペ」的な介入は、・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/19 17:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 108.69 - 108.98
EU 1.1304 - 1.1331
DOW  18004.16(+106.70)
原油  39.78  (-0.58)
金  1235.00 (+0.40)
■材料======================

■米国市場====================
NY連銀総裁
「米国は重大な不確実性や向かい風に直面」
☆「金融政策は緩やかで慎重に調整」
「インフレ率が今後数年に2%へ戻ると確信」
「欧州の経済見通しは改善し始めている
——————————————-
ミネアポリス連銀総裁
「イエレン議長は予断持たず政策にアプローチ」
「米経済は未知の領域を抜けていない」
「FOMCは世界経済動向への影響を認識」
——————————————-
シカゴ連銀総裁
「月次のデータは想定よりも弱い」
「ドル相場の影響を重視している」
「FRBは2%を上回るインフレ率を許容すべき」
「最近のインフレ指標は良好だが、一時的か」
——————————————-
ミネアポリス連銀総裁
「FRBは世界の経済情勢を認識」

■欧州市場====================

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/18 17:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 107.98 - 108.96
EU 1.1279 - 1.1316
DOW  17897.46(-28.97)
原油  40.36  (-1.14)
金  1234.60 (+8.10)

■材料======================
伊貿易収支(結果:+38.56億EUR 前回:+0.35億EUR)
欧貿易収支(結果:+190億EUR 前回:+62億EUR)
欧貿易収支(季調済)(結果:+202億EUR 予想:+215億EUR)
——————————————-
米ニューヨーク連銀製造業景気指数(結果: 予想:)
米ミシガン大学消費者信頼感指数(結果:89.7 予想:92.0)
米設備稼働率 (結果:74.8% 予想:75.3%)
米鉱工業生産(前月比)(結果:-0.6% 予想:-0.1%)

■米国市場====================
シカゴ連銀総裁
☆「月次のデータは想定よりも弱い」
☆「ドル相場の影響を重視している」
「FRBは2%を上回るインフレ率を許容すべき」
「最近のインフレ指標は良好だが、一時的か」
——————————————-
ルー米財務長官
☆☆☆「日本がG7の為替原則に再度コミットすること重要」
「日本は増税のタイミングに注意深くなる必要」
「日本は外需だけでなく、内需に頼る必要」
「全ての国々が成長押し上げで全ての手段用いる必要」
「世界の成長押し上げのために断固とした政策必要」
☆「欧州は金融政策だけでは十分でない」
——————————————-
G20声明
☆「英EU離脱の可能性、世界経済情勢を複雑化させると警告」
「地政学問題・テロ・移民難民問題により見通し複雑化と警告」
「世界の成長はなお緩慢でまだら模様、リスクは継続」
「為替市場についてメンバーが協議することをあらためて表明」
☆「競争的な通貨切り下げの回避を再確認」
☆「税回避に対して罰則を検討も」

■欧州市場====================
ECB
☆☆「EFSF債を資産購入の対象に組み入れ」

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/18 9:15up

遠隔医療、ドローン、道路、プレハブがカギ

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら