シグナル配信0511 結局、マーケットを作るのはマーケット

にほんブログ村 為替ブログへ▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

怒りの麻生発言で、ドル円が反発したと考えていたが、どうやらそれだけではなく、「コクジラ」などが泳ぎ回っているらしい。
そうであれば、自ずから「実弾」にも限界がある。
「偏った刺激的・急激な投機」というのは、日本だけの見解であり、世界は「当たり前の円高」と考えているのだから、口先介入だけで、円安が進行するはずはないと考えていたが、なるほど、それなら・・・といったところ。

▼2016年4月5日、お怒りの麻生財務相

いずれにせよ、今回の事実は記録として残る。
「麻生第一回口先介入」は、107.20円から109.35円までおよそ「2円幅」円安効果
回数をこなすほど効果は薄らぐので、次回の口先介入では、円安に押し上げても「1円50銭」程度といったところ。
だんだん、効果はなくなってくるし、「隠し玉」にも限界がある。

安倍晋三首相の経済ブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一さんのインタビューにあったように、
「※※※※※に円高進行すれば介入すべき」
が、非常にマーケットに素直な見解と考える。
逆を言えば、※※※※※までは為替介入に世界の合意は得られにくいということ。

▼2015年4月13日の芸術的2ショット

さて、個人的には、目先の流れは目先の流れ、大きな流れは大きな流れ、臨機応変に対応しながらも軸はぶれないように気をつけている。

※※※※※部分はにほんブログ村で限定公開

nyukai1

まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してほしい
「FX常勝軍団」でピンチをチャンスに!!


追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら