シグナル配信0514 会員フォーラム一部公開!

にほんブログ村 為替ブログへ▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

老師から1言📣
『』

⚠重要⚠※※※※※の部分は・にほんブログ村でCHECK!!

04/28 19:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 110.92 – 111.43
EU 1.1271 – 1.1360
DOW 18041.55(+51.23)
原油  45.33 (+1.29)
金  1243.40(+3.20)

■材料======================
英GDP
英サービス業指数(結果: 予想:)
——————————————-
独輸入物価指数(結果: 予想:)
独GFK消費者信頼感調査(結果: 予想:)
仏消費者信頼感指数(結果: 予想:)
欧マネーサプライM3(結果: 予想:)
伊消費者信頼感指数(結果: 予想:)
伊企業景況感(結果: 予想:)
——————————————-
米MBA住宅ローン申請指数(結果: 予想:)
米中古住宅販売成約(結果: 予想:)
FOMC政策金利 据え置き

■米国市場====================
「経済情勢は緩やかな利上げに限って正当化すると再表明」
「成長減速の兆候があるが、労働市場は改善」、「インフレと世界経済、金融の動向を注視」、「ジョージ総裁は0.5-0.75%への利上げ支持、据え置きに反対票投じる」
「FF金利誘導目標を0.25-0.5%で維持」、「国外情勢が見通しに与えるリスク、声明で言及を削除」
——————————————-
EIA米在庫統計
原油在庫 200万バレル増加
ガソリン在庫 161万バレル増加
留出油在庫 170万バレル減少

■欧州市場====================
BOE総裁
☆「1割の為替変動が、2-3年後のインフレに0.75%ほどの影響与える」
——————————————-
クーレECB理事
「急上昇した場合に限り、ユーロは金融政策にとっての懸念になりうる」
独首相
「ECBの低金利、ぜい弱な欧州銀行の問題を悪化させる恐れ」
「構造改革を一層推進させる必要がある」
「ECBを含めた中銀は独立しており、政治家は成長支援に注力すべき」

■アジア市場===================

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/27 19:20up

ブログ内容の全文

今夜からのスケジュールは、大まかに以下のようになる
03:00 FOMC政策金利発表
12:00前後 日銀金融政策決定会合、政策金利発表
15:30 黒田日銀総裁記者会見
なお、今回はイエレンFRB議長の会見は予定されていない

先日も指摘したように、米国の株式市場は堅調。イエレン議長の慎重なリスクバランスで、金融相場は継続している。
しかしながら、足元の米国の経済指標には弱いものが多く、また決算内容もさほど芳しいものではない。
本日の日本市場にも大きな影を落とした「アップル」の不振だが、その前に発表されたマイクロソフト、アルファベット(グーグルの親会社)など、代表的なハイテク企業は軒並み厳しい内容となっている。

つまり、米国も日本同様に政策期待とファンダメンタルの綱引きが行われている状態であり、その細いロープの上を渡っているのが投資家ということになる。

今夜(明朝)のFOMCにおいては、上記のような綱引き状態ということを考えれば、特段に大きな発表は出てこないと考えている。
それでも、発表された文面に、ハト派的文言があるのか?など市場は今後の動きを見ようとして右往左往することに変わりはない。特に「6月」に関してが最も関心が高くなるだろう。

直近、買い戻されたドルが、「利上げ見送り」に伴い、売られるようであれば、ドル円は110.80円のサポートを下に抜けてくることになる。
逆に、何らかの理由でドル買いが加速すれば、111.80円のレジスタンスを抜けて久しぶりに112円を見ることになる。
そして、本日に限れば、その方向性を決めるのはNYダウということになると考えている。その理由は上記のとおり。

次に、日銀金融政策決定会合だが、こちらは何らかの手を打ってこざるを得なくなってきている。(外堀から埋められた格好)

可能性としては、ETFの買い入れ枠の拡大が最も高い。
先週噂になった、マイナス金利の拡大と、銀行などへのマイナス金利の適用という手法は、コンセンサスがとれる段階まで議論が及んでいない印象がある。
また、これ以上国債を買い入れするのは現実的に不可能に近い。
見栄えを良くするためには、同時に政府から大規模な財政投資の発表があると考えていたが、これは全く気配が見えてこない。

と、ここまでであれば、良くても日経平均で17000円をかろうじて維持するかどうかのレベル。
ドル円で言えば、何とか110円台をキープできるかというレベル。(110.20円)

もし何もしなければ、即時に日経平均で16500円割れ、ドル円は109円台へ、という激しい動きになる。
そして、GW中の世界情勢にもよるが、今回の上昇分をすべて吐き出す。
・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/27 19:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 110.92 – 111.43
EU 1.1279 – 1.1337
DOW 17990.32(+13.08)
原油  44.04 (+1.40)
金  1240.20(+10.20)

■材料======================
英 BBA住宅ローン承認件数(結果:45096 予想:46500)
——————————————-
米 耐久財受注(前月比)(結果:+0.8% 予想:+1.9%)
米 耐久財受注[除輸送用機器](前月比)(結果:-0.2% 予想:+0.5%)
米 S&P/ケース・シラー[総合20](結果:182.79 予想:182.83)
米 S&P/ケース・シラー[総合20](前月比)(結果:+0.66% 予想:+0.80%)
米 S&P/ケース・シラー[総合20](前年比)(結果:+5.38% 予想:+5.50%)
米 非製造業PMI(結果:52.1 予想:52.0)
米 総合PMI(結果:51.7 前回:51.3)
米消費者信頼感指数     (結果:94.2 予想:95.9)
米リッチモンド連銀製造業指数(結果:+14 予想:+12)

■米国市場====================
アップル、予想より悪い売上高見通しを受けて、時間外取引で一時5%強下落
——————————————-
米財務省5年債入札
最高落札利回り   1.410%(前回 1.335%)
最低落札利回り   1.200%(前回 1.200%)
最高利回り落札比率 87.24%(前回 28.08%)
応札倍率       2.41倍(前回 2.38倍)
——————————————-
格付会社S&P
エクソンモービルを「AA+」に格下げ、見通し「安定的」

■欧州市場====================
ワイトマン独連銀総裁
「ユーロ圏の預金保険機構の設立には反対」
「金融連合は政治的な役割、ECBの役割ではない」

■アジア市場===================
財務相
「金融政策は日銀に任せるべき」
「物価目標は日銀に達成を期待する」

・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

04/25 17:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 111.24 – 111.88
EU 1.1217 – 1.1269
DOW 18003.75(+21.23)
原油  43.73 (+0.55)
金  1230.00(-20.30)

■材料======================
仏製造業PMI (結果:48.3 予想:49.9)
仏非製造業PMI(結果:50.8 予想:50.1)
独製造業PMI (結果:51.9 予想:51.0)
独非製造業PMI(結果:54.6 予想:55.1)
欧製造業PMI (結果:51.5 予想:51.9)
欧非製造業PMI (結果:53.2 予想:53.3)
欧総合PMI (結果:53.0 予想:53.3)
伊工業受注(前月比) (結果:0.7% 前回:0.7%)
伊工業受注(前年比) (結果:3.8% 前回:0.1%)
伊工業売上高(前月比)(結果:0.1% 前回:1.0%)
伊工業売上高(前年比)(結果:-0.2% 前回:-0.3%)
伊小売売上高指数(前月比)(結果:0.3% 前回:0.0%)
伊小売売上高指数(前年比)(結果:2.7% 前回:-0.8%)
——————————————-
米製造業PMI(結果:50.8 予想:52)

■米国市場====================

■欧州市場====================
ブリハ英MPC委員
「BOEはマイナス金利の影響を注意深く調査しなければならない」
「マイナス金利のリスクは銀行の資金調達モデルを揺るがす」
「国民投票は英経済の評価を難しくしている」
——————————————-
ダイセルブルーム・ユーログループ議長
「本日のギリシャに関する合意は期待しないで欲しい」
「アテネからよい知らせを受けている」
「ドラギECB総裁は独立して行うべきことがある」
独財務相
「ギリシャに対する金利は低い」
——————————————-
伊中銀総裁
「欧州の最大の問題は信用の欠如」
伊財務相
「EUの予算の枠組みは複雑、十分な柔軟性はない」

■アジア市場===================
日第三次産業活動指数(前月比)(結果:-0.1% 予想:-0.5%)
財務相
「(4月月例経済報告・企業業況判断の下方修正多かったが)日銀短観では状況を良いと判断する企業の比率が多かった」

■テクニカル分析=================
・・・

(続き)会員フォーラムで公開中→

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら