シグナル配信0518 1-3月期実質GDPはサプライズ?

にほんブログ村 為替ブログへ▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

本日発表された1-3月期実質GDPはサプライズと言われている。

うるう年効果で、年率1.2%程度の押し上げ効果があることで、その分を割り引くと、おおよそゼロ成長が見込まれていたためだ。
実際は、年率+1.7%という数字だったので、同0.5%前後のプラスということになる。(ロイター予測:年率0.2%)

これが良い数字なのか、悪い数字なのか、織り込むのに市場が苦しむ様子がチャートに如実に現れている。

usdjpy

発表直後 109.20→108.90へ:数字が良いので政策期待できない?
10分後 108.90→109.15へ:いやいや、数字が良いのはいいことだ!
30分後 109.10→108.75へ:落ちつけよ、中身は良くないと思わないか?

というような流れで、織り込むには時間がかかりそうだが、実際、ブレイクダウンしたものを分析すると、市場は良く見ているという結論になる。

無題

個人消費は、前期が大きくマイナスだったためにプラスになっているが、2期を通してみると、マイナスが継続。
設備投資は、円安の終了、株価の下落などを受けて萎縮している。
住宅投資にも、少なくともマイナス金利の効果は全く見られない。
内需の落ち込みをかろうじて外需が補うという構図が継続している。

したがって、大きな流れに変化はない。
目先、※※※※※を意識した動きになることにも変わりはない。

※※※※※部分はにほんブログ村で限定公開

nyukai1

まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してほしい
「FX常勝軍団」でピンチをチャンスに!!


追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら