シグナル配信0613 世界的リスクオフムードと円高進行!

▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

ドル円は、一時105円台後半まで円高が進行。
5月3日に付けた年初来安値、105.55円の更新はならず、明日以降に課題は持ち越し。
また、5月3日は日本が休日だったので、東京時間ということに限れば、約1年8か月ぶりの円高となり、本日安値105.73円が今後の節目として意識される。

▼USDJPY 8H
USDJPY

ポンドは、150.12円まで下落し、2013年8月以来、2年10カ月ぶりの安値。(18:10現在149.60まで)
ユーロは、119.00円まで下落し、2013年2月以来、3年4カ月ぶり安値
このことからは、やはり市場が話題にしているように「Grexit」が懸念された売りが出ていることは否定できない。

▼GBPJPY Week
GBPJPY

一方で、ユーロドルは上昇しているので、単純に欧州通貨が売られているという表現は通用しない。ドルの方がユーロより弱い状況だからだ。
このドルが売られているという背景には、昨日の米国史上最悪のフロリダ乱射事件があるが、それだけでは語れない。米国債に資金が流れることによって、米国10年債金利が下がり続けていることが、最もダイレクトな円高要因だろう。

▼EURUSD 5M
EURUSD

さきほど、17:30に、格付け機関フィッチ・レーティングスは、日本の長期および短期の発行体デフォルト格付け「A」を確認し、見通しをネガティブに変更した。
リバウンドしていたドル円も、この報道で再び106円割れの方向に。
悪材料が揃っていることと、先日まで円安にバイアスをかける動きもあったことで、反発しても「やれやれ売り」や「戻り売り」に支配される動き。

流れを変える力があるとすれば、NY市場ということになる。

人気ブログランキングに登録しています

nyukai1

まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してほしい
「FX常勝軍団」でピンチをチャンスに!!


追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら