シグナル配信0220 会員フォーラム一部公開!

ブログランキングブログランキングブログランキングブログランキングブログランキング

ブログランキングブログランキングブログランキングブログランキングブログランキング

老師から1言📣
『現在の世界情勢から鑑みて※※※※※は不可能です。
それでも警戒感が残るうちは、※※※※※が強く意識されます。』

⚠重要⚠※※※※※の部分はブログランキングでCHECK👌✨

ブログランキングブログランキングブログランキングブログランキングブログランキング

02/05 17:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 116.52 - 117.32
EU 1.1157 - 1.1220
DOW  16415.58 (+79.92)
原油  31.72 (-0.56)
金  1157.50 (+16.20)

■材料======================
アメリカ
新規失業保険申請件数  (結果:28.5万件 予想:27.8万件)
失業保険継続受給者数  (結果:225.5万人 予想:224.0万人)
製造業受注指数(前月比)(結果:-2.9% 予想:-2.8%)
耐久財受注(前月比)  (結果:-5.0% 予想:-4.5%)
耐久財受注[除輸送用機器](前月比)(結果:-1.0% 前回:-1.2%)
非農業部門労働生産性(前期比年率)(結果:-3.0% 予想:-2.0%)
単位労働費用(前期比年率)    (結果:+4.5% 予想:+4.1%)

■米国市場====================
ダラス連銀総裁
「過剰な緩和もリスクを生み出す」
クリーブランド総裁連銀
「米経済が緩やかな利上げを正当化すると予想」
「インフレ率が緩やかに2%になるとの予想が合理的」
「世界の見通しと市場の混乱が米国に若干のリスク」
「自身の米経済見通しを変更するのは時期尚早」

■欧州市場====================
イギリス 政策金利 据え置き
9人が金利据え置き支持、利上げ支持0人、利下げ支持0人
「2016年と2017年の成長見通しを下方修正、中期CPI見通しは11月からほぼ変わらず」
BOE総裁
「マイナス金利の可能性ついては議論していない」
「先行きのインフレ持ち直しが委員会の基本的見解」
「低インフレが及ぼす賃金への影響を注視する」
「インフレの上振れリスクも少しある」
——————————————-
ECB理事
「追加緩和が必要かどうかには言及しない」

■アジア市場===================
財務相
「マイナス金利で戸惑いも、影響一概にいえない」

■テクニカル分析=================
USDJPY
HBOP   119.546
売り2 118.895
売り1 117.831
ピボット 117.180
買い1 116.116
買い2 115.465
LBOP 114.401
——————————————-
EURUSD
HBOP 1.14484
売り2 1.13437
売り1 1.12792
ピボット 1.11745
買い1 1.11100
買い2 1.10053
LBOP 1.09408
============================================================
独 製造業受注
仏 貿易収支、経常収支
米 貿易収支、 失業率、非農業部門雇用者数、製造業雇用者数、平均時給
============================================================

ブログランキング→

 

02/05 12:00up

雇用統計に向けて

米1月雇用統計(予想)
・失業率 5.0%(前回5.0%)
・NFP +19.0万人(前回+29.2万人)
米1月ADP雇用統計(結果)
・雇用者数 +20.5万人(予想+19.3万人)
※前回の数字が非常に良かった反動で、今回の数字に反動減が織り込んである。
したがって、マーケットの期待が低い→ハードルが低い→ダウンサイドリスクの限定

雇用統計が悪い場合
NFPが予想より悪い、または前月分のNFPが下方修正される場合を指す。
→さらに米利上げペースが鈍化するとの見方が広がる
→ドル安加速→円高

雇用統計が良い場合
ドルの買い戻し→米株反落→ドル安加速→円高

ブログランキング→

 

02/04 16:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 117.04 - 119.38
EU 1.0953 - 1.1145
DOW  16336.66 (+183.12)
原油  32.28 (+2.40)
金  1141.30 (+14.10)

■材料======================
伊非製造業PMI (結果:53.6 予想:54.0)
仏非製造業PMI (結果:50.3 予想:50.6)
独非製造業PMI (結果:55.0 予想:55.4)
欧非製造業PMI (結果:53.6 予想:53.6)
英非製造業PMI (結果:55.6 予想:55.4)
欧小売売上高(前月比) (結果:+0.3% 予想:+0.3%)
欧小売売上高(前年比) (結果:+1.4% 予想:+1.5%)
——————————————-
米国
ADP雇用統計    (結果:20.5万人 予想:19.3万人)
ISM非製造業景況指数(結果:53.5 予想:55.1)

(続き)会員フォーラムで公開中→

02/03 17:30up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 119.67 - 120.57
EU 1.0892 - 1.039
DOW  16153.54 (-295.64)
原油  29.88 (-1.74)
金  1127.20 (-0.80)

■材料======================
イギリス
建設業PMI(結果:55.0 予想:57.5)
——————————————-
独失業者数(結果:-20千人 予想:-8千人)
独失業率 (結果:6.2% 予想:6.3%)
伊失業率 (結果:11.4% 予想:11.2%)
欧失業率 (結果:10.4% 予想:10.5%)
欧生産者物価指数(前月比)(結果:-0.8% 予想:-0.6%)
欧生産者物価指数(前年比)(結果:-3.0% 予想:-2.8%)

■米国市場====================
カンザスシティー連銀総裁
「FOMCは、緩やかな利上げ継続すべきだ」
「米ファンダメンタルズは、成長持続に十分な強さ」
「最近の市場変動は必ずしも懸念せず」
☆☆「米経済は、追加利上げが正当な好位置にある」

■欧州市場====================

(続き)会員フォーラムで公開中→

02/01 18:00up

■事実=======================
(日本時間23:00-07:00台)
UJ 120.91 - 121.68
EU 1.0809 - 1.0832
DOW  16466.30 (+396.66)
原油  33.62 (+0.40)
金  1116.40 (+0.30)

■材料======================
個人消費(前期比)       (結果:+2.2% 予想:+1.8%)
GDP(前期比年率)        (結果:+0.7% 予想:+0.8%)
GDP価格指数(前期比)      (結果:+0.8% 予想:+0.8%)
コアPCE(前期比)        (結果:+1.2% 予想:+1.2%)
ミルウォーキー購買部協会景気指数(結果:50.36 予想:50.00)
シカゴ購買部協会景気指数    (結果:55.6 予想:45.3)
ミシガン大学消費者信頼感指数  (結果:92.0 予想:93.0)

■米国市場====================
SF連銀総裁
☆「日銀の行動を理解する」
「ガソリン価格下落分が期待ほど消費に回らず」
「ガソリン安は消費者にとって差し引きでプラス」
「前もって決められた政策は望ましくない」
「12月の利上げは経済の改善によるもの」
☆「米経済は良好、海外情勢が気がかり」
「米経済はグローバルな逆風を相殺できる」
「緩やかな金利軌道を予想」
「国外情勢を懸念している」

ダラス連銀総裁
☆「金融の状況はタイトになった」
「FOMC声明は、中国への言及は時期尚早だと示唆」
「FOMC政策は、事前に決定するのは望ましくない」
「過剰な緩和政策は無償ではない」
——————————————-

■欧州市場====================
英首相
「2月に残留で合意できるかどうかまだわからない」
☆「EU残留合意できるかまだわからない」
——————————————-
イラン
「原油輸出が150万バレルに達するまで減産しない」
⇒WTI原油先物相場、失速

■アジア市場===================
☆2月16日からマイナス金利を開始
日銀総裁
☆「マイナス金利導入は量的質的緩和の限界ではない」
☆「マイナス金利は今後必要な場合はさらに引き下げる」
「2%物価早期実現のために必要な措置は何でもやる」
☆「必要なら躊躇なく量、質、金利の三つの次元で追加緩和を行う」
「われわれの政策は通貨をターゲットにしたものではない」
「金融機関に大きな影響を与えるとは思わない」
「ダボス会議に向かう前、選択肢の検討を指示した」
「経済・物価見通しの下振れリスクが大きい」
——————————————-
麻生財務・金融相
「マイナス金利で金融緩和の枠組みの幅が広がった」
石原経済再生相
「日銀はデフレ脱却への強い意志示した」
菅官房長官
「日銀の決定を評価したい」

■テクニカル分析=================
USDJPY
HBOP  125.719
売り2 123.711
売り1 122.407
ピボット 120.399
買い1 119.095
買い2 117.087
LBOP 115.783
——————————————-
(続き)会員フォーラムで公開中→