シグナル配信0725 意識の変化~緊縮から緩和へ!


▲ランキングはこちら▲

follow us in feedly

中国・成都で開かれたG20財務相会議においては、非伝統的な「マイナス金利」などの一種の奇策を用いてもなお、世界経済が上向かないことを確認。
金融政策に頼りきり、財政政策は緊縮路線で・・・という歪な構造に少しずつ変化が表れてきた。議長国の中国を中心に、EU離脱で景気後退の恐れのある英国、そして、デフレから脱却できない日本などは、積極的な財政政策を導入すると言われている。
OECD事務局長は、「インフラ支出拡大が活発に議論」されたと指摘。
緊縮派と積極派の折り合いという意味では、国家だけでなく、「民間資本を導入」してトータルの投資額を拡大するというアイデアが現実的か?

いずれにせよ、緊縮財政から積極財政に世界の流れは変化しようとしている。

一方で、麻生財務相同行筋は、日本も「為替の切り下げ競争回避は大賛成」だ、と語ったと言われている。公にこれだけの発言を行ったということは、少なくとも為替介入の可能性は大きく後退したとみて良い・・・もともと95円割れまでは介入できないというのが一般的なコンセンサスではあったが・・・

逆に、為替介入ができないならば、ということで、日本銀行による追加緩和への期待が、先週末よりも拡大しているという指摘もある。
さらに個人投資家も「円売り」で動いているために、全体として本日の午前中の動きにみられるような、リスクオン的な動きになりやすい。

▼ USDJPY 5M
USDJPY

ということで、FX情報コースは適度な距離を持って流れに追随。
比較手リスクを抑えた状態で利益を積み重ねることに成功している。


▼ FX情報コースSNSで、一歩先の情報を!
登録、利用、完全無料。ご興味のある方はどうぞ!


人気ブログランキングに登録しています

nyukai1

まずは10日間全額返金クーリングオフ制度で試してほしい
「FX常勝軍団」でピンチをチャンスに!!


追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。

入会2☑助言者おすすめ ⇒ JFX口座開設はこちら