今晩から米中通商交渉

ブログランキング上矢印 ⇒BlogRankingup

本日の東京為替市場のドル円は、トランプ米大統領が「中国はディールを破った」と発言した事で米中通商協議の先行き不透明感が意識され約1カ月半ぶりのドル安・円高となり一時109.83まで下落しました。

もっとも、3月25日の下値109.71円が目先のサポートとして意識されていたことや、その後にトランプ米大統領が「中国に関しては心配無用、全て上手く行く」と発言したこともあったので、一巡後は109.98円付近まで買い戻されています。

欧州時間になると3ヶ月ぶりに安値更新、ドル円は109.63まで下落しています。

今晩から2日間ワシントンで開かれる米中通商協議に注目が集まっていますが、10日から米追加関税が実施される可能性があります。

協議を無難に通過しても急速に上値を置い難いですね。

中国の出方次第で再びリスク回避が強まる可能性があります。

そうなってくるとドル円は、さらにもう一段下げてくる事が考えられますね・・・?

ただ、米国は対中関税を引き上げたとしても米中通商交渉を継続する事になるのかな・・・?

NYカットで行使期限を迎える大規模なオプションは以下の通り。

ドル・円

108.75 (3.75億ドル)
109.00 (4.15億ドル)
109.10 (5.3億ドル)
109.50 (6.21億ドル)
109.75 (5.8億ドル)
110.00 (8.51億ドル)
110.50 (6.85億ドル)
110.60 (4.5億ドル)
110.95 (4.5億ドル)
111.00 (9.04億ドル)
111.05 (7.23億ドル)
111.15 (3.04億ドル)
111.40 (3.45億ドル)
111.50 (3.43億ドル)

 

アイリンクインベストメント社長ブログ アイリンクインベストメントツイッター アイリンクインベストメントFB

株式常勝軍団ブログ

株式常勝軍団 アイリンクインベストメント-クリックするよねー

アイリンクインベストメントFX常勝軍団

「FX常勝軍団」

nyukai1


追記1:スイングおよびポジショントレードの成績は、24時間以内に決済されませんので実績公開しておりません。ご了承ください。
追記2:スキャルピングトレードの成績は、会員様方の取引状況により誤差が生じますので、実績公開しておりません。ご了承ください。